染織技術アーカイブ「装飾」

 

箔置き(箔押し)  はくおき(はくおし)

装飾技法のひとつで、摺箔、印金ともよばれる。金・銀・銅・真鍮・アルミなどの金属を叩いてのばしたり粉にしたりして、それを膠や糊で付着させ、その後余分な箔を払い落として模様を表わす。豪奢な外観から鎌倉時代後期に能衣装などに用いられて発展し、江戸時代に最盛期を迎えた。




 

<工程>
 型紙置き→接着剤→箔置き・摺箔粉→払落し→完成

 ※薄紙に脂張りした金属箔を模様の形に切って貼り付け、薄紙をはがして自然に乾かす方法や、
   糊をつけた生地の上に金微粒子をふりかけて粘着させる方法がある。
 
  
 

 

◆箔置き(箔押し)はこのような染織衣装につかわれています◆ ※クリックで各衣装のページにジャンプします。

  
大槌車波頭文様振袖
竹垣団扇文様振袖
巴紋文様下着
源氏車文様下着