研修・セミナー

2019年 関西経済の見通し ~インバウンド、京都の動向も含む~ 講演会

申込期限を3月8日(金)まで延長しております。

 

日本を訪れる外国人旅行者が年々増加している中、2020年には東京オリンピック・パラリンピックの開催、2025年には「大阪・関西万博」の開催など、インバウンド消費がもたらす経済効果はますます期待されています。

今回の講演会では、「2019年 関西経済の見通し」をテーマに、関西経済のインバウンド消費を中心とした見通しや随一の世界観光都市でもある京都の動向も含めご講演頂きます。

是非とも、お申込み頂き、下記の申込欄に会社名・参加者名をご記入の上、2月28日(木)までに織商事務局へFAX(075-353-1013)にてお申込み下さい。

 

 

日 時  平成31年3月15日(金) 18時~19時30分

場 所  第八長谷ビル8階 会議室C(下京区烏丸通仏光寺下ル)

テーマ  「2019年 関西経済の見通し ~インバウンド、京都の動向も含む~」

講 師  荒木秀之 氏 / りそな総合研究所株式会社 大阪本社 主席研究員

        大阪大学卒業後、信託銀行、シンクタンクを経て、大和銀総合研究所(現りそな総合研

        究所)に入社、現在に至る。日本および関西経済のマクロ分析を専門に、りそなグルー

        プの銀行などで講演会を行っている。著書「関西から巻き返す日本経済」

 

申込書  「関西経済の見通し」講演会のご案内(再).pdf

  • イベントカレンダー
  • KOMS NEWS
  • 京都織物卸商業組合のfacebookページ