KOMSニュース

KOMS NEWS

表紙ページに戻る

シンポジウム「工芸ときものの未来を語る会」

 染織、工芸を始めとする伝統産業は、長年の歴史に裏打ちされた高い技術力やデザイン性、時代を先取りする革新性を兼ね備え、日本の文化を支える柱として発展を続けてきました。近年、生活者の生活様式の変化などにより、産業の基盤となる生産体制が危機的な状況を迎える中で、伝統技法やデザインに新たな感性を加えて、これまでとは違った手法で活路を見出す新進気鋭のビジネスモデルが注目を集めています。
 この度、織商では「工芸ときものの未来を語る会」と題して、染織・工芸分野で新たなビジネス手法にチャレンジする若手経営者をお迎えし、シンポジウムを開催します。伝統産業からクリエイティブ産業へ、挑戦を続ける若手経営者たちが描く成長戦略とは。染織や工芸に携わる関係者が想いを共有し、伝統産業を成長産業として次代へ繋いでいく為の道筋を共に考える機会にすることを目的としています。多くの皆様のご参加をお待ちしております。


主  催  

京都織物卸商業組合

〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入 京都産業会館5階

TEL 075-211-7344 FAX 075-211-1976

http://www.fashion-kyoto.or.jp/

後  援  

経済産業省 京都府 京都市

日  時  

平成28年3月18日(金)17時30分~20時30分

会  場  

京都ホテルオークラ 〒604-8558 中京区河原町御池

内  容  

【第一部】基調講演  17時30分~18時

「文化が創りだす経済のイノベーション」

講 師  谷口 正和 様 (マーケティングコンサルタント/㈱ジャパンライフデザインシステムズ代表取締役社長)

【第二部】パネルディスカッション 18時~19時30分

泉二 啓太 様(銀座もとじ 二代目)

細尾 真孝 様(㈱細尾 取締役新規事業部長)

八木 隆裕 様(開化堂 取締役)

渡部 宏一 様(RAIN MAKER 代表)

モデレーター  谷口 正和 様

【第三部】交流会 19時30分~20時30分

対  象  

伝統産業関連事業者、一般含め50名程度の予定

参加料  

1,000円 

※ご参加頂く方はなるべくきもの姿でご参加頂きますようお願い致します。

申込・詳細はこちら(PDF)から

 

  • イベントカレンダー
  • KOMS NEWS
  • 京都織物卸商業組合のfacebookページ