染織祭衣装

 

室町時代

 足利幕府が将軍・管領・守護大名・公家などによって、支配体制を強化する一方、新しく民衆の力が蓄えられる。 この時代に生まれた染織技法、辻が花染めは、わが国独特のもので、縫締め絞り中心に、描絵や摺箔などが総合的に生かされている。

 それぞれの衣装をクリックすると、大きな画像がご覧になれます。


淡茶羽二重地扇地紙散文様小袖 淡茶羽二重地段替文様下着 羽二重地花形格子文様片身替小袖 淡茶羽二重地露草文様小袖
紅練緯地雪輪松花綱段替文様小袖 練緯地白藍段文様下着 淡紫羽二重地帖紙文様小袖 練緯地横筋文様下着
白羽二重地紅葉水玉肩裾文様小袖 練緯地松皮菱団扇波文様小袖 香色匂染羽二重地源氏香図文様小袖 白羽二重地雲形梅花文様下着
淡茶練緯地石畳取草花文様小袖 白羽二重地五色鱗形文様小袖 淡茶羽二重地繭蛾文様小袖 濃茶羽二重地松皮菱花文様小袖
白羽二重地賽文様下着 白練緯地松皮菱文様小袖

【用語解説】

(辻が花染−ツジガハナゾメ)
 室町時代から桃山時代にかけて、小袖に施した絞り染めの一つ。技法的には、縫締による絞り染めで、空白に墨線・朱線で描絵したもの、金銀箔の摺を置いたものなどがある。

 

(羽二重−ハブタエ)
 タテ、ヨコ糸に無撚りの生糸などを使用した、主として平組織の後練織物。

 

(練緯(練貫)−ネリヌキ)
 タテ糸に生糸、ヨコ糸に練糸を使用した絹織物。